2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

グレートティーチャーじゃない方のGTO

 【22//2017】

とっくの昔に明けてました、おめでとうございました(過去形)

本年も生温い目で見守り下さい。(適当)



画像クリックで1920*1080くらいの画像がみれます

2017_0120_23_20_26_997.jpg
GOJULAS THE OGRE ということでGTO
ちょうど1ヶ月ぐらい前に届きまして、あまりの箱の大きさになかなか手がつけられず・・・

今回の箱絵はバトスト、ロブ基地にPKが侵入してきた時の。
左隅にアーバインウルフがやられてる他、右側には発進することもできずにやられていったプテラスやシールドの姿が。
ジ・オーガが起動してるということはPKはもうボロ雑巾にされているかこの数秒後にされるかってところかな。

HMM箱絵で屋内なのは結構珍しいんじゃないかな。
とはいえ、ジ・オーガといえばこのシーンかアニメ無印の帝都でアーバインが乗ってたぐらいか
(あのときは機体色黒だしデスザウラーに首はねられたから活躍してたかは微妙なところ)
あとはGF編でデルタフォーメション演習相手で出てきたかな、たしか・・・

この箱の中にさらに箱が4つほど入っててその中にランナーがうんざりするほど入ってる。
C1AqxFzXcAE-L7u.jpg
広い部屋ならランナー並べられるんだけれども、この4箱を並べるだけで精一杯・・・

C1A95FeUUAA6H4B.jpg
今回はランナーの入ってる袋にマステでランナー番号書いて、
さらに箱になんのランナーが入ってるかを記載。
これがかなり捗る

とはいえ、この規模はそう何度も組みたくはないんだが・・・

ちなみにこのランナーにマステ貼ってるのが16/12/31の23時過ぎ、
貼り終えた頃には年が明けておりました()




DSC00636.jpg DSC00638.jpg
普通に説明書通りに組み上げていくとまずは普通のゴジュラスが出来上がる。

ちなみに通常のHMMゴジュラスは未購入なのでこれが初ゴジュラス。

DSC00654.jpg
この尻尾の7節が作るのが大変だった。
なにより作った後の尻尾を置くところが・・・

先に断っておくとこの撮影ブース、45cm立方なのでゴジュラスには狭すぎるという・・・
デススティンガー買う時に45cmあれば余裕だろうと思ってこのサイズを買ったわけだけれども、
まさか1年でサイズオーバーになるとはな!
ちなみにこれ、30,45,60,75cmとサイズ展開されているようで、
しかしながら60cmとか75cmとか広げるスペースないからね。

DSC00659.jpg
元電池パック
目の電球用のバッテリーボックスでしたね、昔は。単3*2本
本来はロケットブースターでわりと自由に角度を変えられる。

DSC00667.jpg
尻尾の付け根のパノーバ20mm地対空ビーム砲
だいぶ大型化されているHMMクォリティ。
まぁ、バランス考えれば妥当な大きさよ。

DSC00684.jpg
DSC00694.jpg
尻尾の先端のマクサー30mm多用途マシンガン(脇のやつ)は折りたたみ式。
上のAMD30mm2連装ビーム砲は収納式。
あれ、2連装ってなってるけども単装にしか見えないのだが・・・、あれれ・・・。
調べたらゴジュラスの取説ではAMD30mmビーム砲でした。ジ・オーガの方のミス。

DSC00698.jpg
尻尾のスタビライザーはハの字が一番安定する。
それでも小さいんだけども・・・。

DSC00707.jpg
立てると車輪になる。
本家は完全に車輪だったからな。

DSC00713.jpg
かかと
HMMはだいたい脚に赤とかオレンジのクリアパーツ付いてるんだけれども何なんだろう、ブレーキランプ?

DSC00724.jpg
DSC00768.jpg
脚を前側から
ゼロみたいに爪が開くものの長さが同じなのでちょっと不自然に見える・・・

DSC00726.jpg
足の長さは実寸12cm
持ってないから知らんけども多分あいひょんと同じくらいだと思う。

DSC00743.jpg
DSC00717.jpg
腕の爪は相変わらず尖ってるので普通に刺さる、痛い。
肘にはTRZ20mmリニアレーザーガン
本家は左右で違った気がしたけどもHMMは両側ともこれ。
と、思ったらゴジュラスの取説だと右腕がTRZ~、
左上はARZ20mmビームガンでした。
ランナー的には同じパーツなんだけどもね

TRZとかさっきのAMDとか何の略なんだろうな・・・
AZはAnti Zoidsの略で対ゾイド(砲)なんだけどもそれ以外がだいたいわからん。

DSC00732.jpg
DSC00734.jpg
脇腹の70mm2連装ヘビーマシンガン
それぞれ自由に角度変えられる。
ちなみにここの間にコアが入ってる。
元電池パック

DSC00738.jpg
お顔

DSC00741.jpg
キャノピー開けたところ。
汎用兵士が乗っています。
一般兵が乗れる機体じゃないから!!
目にLED仕込みたいなー(やるとはいっていない)


と、ここまでで通常のゴジュラス。
まだまだ続くのじゃ


別売りとしてゴジュラスキャノン+AZ4連装ショックカノンのセットも購入しております。
ジ・オーガより先に組み終わってるけども・・・
成型色がジ・オーガのとちょっと違う。
ちなみにこの先の写真はジ・オーガのもので単体のパーツセットのでは無いのであしからず。


DSC00745.jpg
ゴジュラスキャノンもといロングレンジバスターキャノン
だいたい36,7cm

DSC00750.jpg
さらにブローバックするので39cmまでになる。

DSC00754.jpg
マガジンは着脱可能
10mm*30mmぐらいの大きさ、砲弾が大体8mmくらいかなぁ。
1/72スケールなので8mm*72=576mm=57.6cm
大和の主砲よりでけぇじゃねぇかwww

DSC00767.jpg
続いてAZ4連装ショックカノン
これもスマホぐらいの大きさがある。

DSC00763.jpg
内側には折りたたみ式のグリップがある。

DSC00758.jpg
公式でコマンドウルフに付けられるよ!ってなってたのでアーバインウルフを用意しました。

DSC00762.jpg
確かに軸経は同じなんだけども届かないのでちょっと延長して接続しております。
一体公式はどうやって付ける想定なんだ・・・乗せるだけか
明らかにオーバードウェポンです。ありがとうございます。
コトブキヤだからね、仕方がないね。
ゆーて、アニメ版で対セイバーで積んでたロケランも大概だけどな・・・

DSC00785.jpg
DSC00780.jpg
ゴジュラスに積むとちょうどいい大きさ。
先のグリップを握る感じで

DSC00787.jpg
外側から見ると完全に爪が隠れる。
もうこのまま殴ればいいんじゃないかな
まぁ、盾ぐらいには使えそうよね。

DSC00771.jpg
バスターキャノンも装着。
高さ制限に引っかかる・・・
ここまでの装備でゴジュラスMk-II量産型、もしくはゴジュラスガナー。
ガナーの初出はどこだろう、ゲーム系で見る名前だったけども。

DSC00790.jpg
もはや全身を一枚に収めることすら難しい・・・

DSC00793.jpg
後ろの4連ロケットブースターの存在感よ。

DSC00797.jpg
DSC00798.jpg
ブローバックするとこうなる。
空薬莢はどこから排出されるのだろう・・・

DSC00803.jpg
既に頼りないスタビライザー・・・
ゴジュラスキャノンの反動に耐えられなさそう・・・


以上、ゴジュラス及びMk-II量産型でした。
既に写真が相当枚数なのでジ・オーガは次の記事で・・・

DSC00755.jpg
並べるだけ並べてみた。

Category: ZOIDS

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。