2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アイアンコングPK

 【09//2016】

IMG_20160822_182617.jpg
ということでHMM版アイアンコングPK
実はトミー版アイアンコングPKが友達の家にあって、この世界に興味を持ちだしたきっかけのやつだったりする。
そんな10数年前・・・


取っ手が付くぐらい大きな箱で当然中身も詰まってる。

2016_0822_20_43_37_425.jpg
箱開けると更に2つの箱が入っててそれぞれにランナーがぎっしり。

最近はとりあえず最初に全ランナーにマスキングテープ貼ってそこに記号を書くと、
めんどくさいけども後々探すのがとても楽。
これで最近のマスキングテープ消費量が・・・

2016_0822_20_45_06_037.jpg
刮目せよ、このアホみたいなランナーを!
この「キ」ランナー、キ2が3パーツで残りキ1が32パーツ×4枚

こんなクソみたいなランナー、どこで使うのかというと胸から繋がってるエネルギーケーブル。
シールドライガーMK-IIとかグレートサーベルの同様のケーブルはゴム製で、
劣化すると切れるという残念仕様だったので思い切ってプラ製にした結果がこれだよ!
ちなみに内部にワイヤーを通して繋げる感じになっている。

【悲報】ゴジュラス・ジ・オーガにも同様のエネルギーケーブル!!

---

HMMアイアンコング系列自体はシュバルツ仕様を既に組んでいるので
そこそこサクサクと組めました。

DSC09289.jpgDSC09291.jpg

被写体が大きいのと部屋自体がそこまで明るくないので結構暗い写りになる・・・
これでもだいぶ弄ったのだが・・・

DSC09296.jpg
右腕側は胸から出たケーブルが肩を通り、バックパックのビームランチャーアタッチメントに繋がる。

ビームランチャーはダークホーンHSに付いていたのと同じ。
(元々はHSがPKのランチャー積んでいるのだが)

DSC09325.jpg
DSC09327.jpg
クリアパーツのセンサーっぽいパーツが展開する、反対側も同様
あとは後ろの部分がブローバックしてパーツが上下に展開


DSC09318.jpg
左肩には10連装自己誘導ロケット弾ランチャー(長い) 実は右肩にも付いている。

DSC09308.jpg
こちら側のエネルギーケーブルは肩を通った後、腕の内側を通り2連装パルスレーザーライフルに繋がる。

DSC09310.jpg
ケーブルが2連パルスの真後ろに刺さるため、どうしても2連パルスが外側に向いてしまう。
とはいえ、腕の外側を通したところで2連パルスが内側を向くだけである。
接続箇所が稼動すれば良いのだが・・・

DSC09336.jpg
短い方がTVM地対地2連装戦術ミサイル、これはアイアンコングの標準装備。
長い方がAZ対空ミサイル。

DSC09351.jpg
今回の反省会
このバーニアの先に付いてる緑のクリアパーツ、何故片方しか付いていないのか。
バリ取ってる時に指からすっぽぬけてゴミ袋にIN
使用済みランナーを細かくしたのが大量に入った袋で救出不可能。
という残念な結果でした。久々にやらかしたよ。

DSC09353.jpg
箱絵にもあるビームランチャーを掴んでる謎ポーズ。
この巨体を2本脚で自立させるのがどれだけ苦労したことか・・・
そのくせビームランチャーの先端は見切れてるというどうしようもない状態。

DSC09357.jpg
DSC09359.jpg
シュバルツコングと仲良しツーショット
撮影ブースが狭い・・・

ちなみにアイアンコングPKはアニメだと無印で首都防衛でなんとか准将が乗ってた気がする。
GF編はシュバルツが色違いでMK-II限定型に乗ってウルトラのカタパルトから防空してた。

/0はマリーが買い付けてチームチャンプに4機配備されてた。
結構出番があったな。

DSC09360.jpg
マニューバブースターが無い分、シュバルツ仕様の方がさっぱりとしてるが、
右肩の武装はいい勝負である。
なお、両機ともバックパックからランチャーorガトリングが繋がっているので肩には固定されていない。

せっかくコングが2機あるんだから殴りあってる構図とか撮りたかったんだけども
2本脚で立たせるのが心折れたので誰かやって下さい。

DSC09365.jpg
ノーマル機及びPKは複座式コックピット。

DSC09368.jpg
シュバルツさんはエリートなので単座


とまぁ、こんな感じでアイアンコングPKでした。
いかにデススティンガーが組みやすくて自立も安定しているかを思い知らされた気がする。

次は年末にゴジュラス・ジ・オーガ
ノーマルゴジュラスは買っていないので初ゴジュラス。
どれだけの大きさになるのか(本体も箱も・・・
乞うご期待


そろそろ新規で小型出してもいいのよ・・・

Category: ZOIDS

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。