2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

消しゴム

 【17//2013】

そんなこんなで、15日にみのりさんの「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 5th letter」に行ってきました。

mss最後のチケ運で2列目を引き当てました。

朗読劇ってのは行ったことなくて、どんな感じか全然わからなかったものの、
とても素敵でした(KONAMI感
朗読だけにただ読む感じかと思いきや、
ステージのセットとか演出とか目で見ることも多くて素晴らしかったですね。
なんといっても別所さんの演技が素晴らしかったです。(粉みかん

ストーリーとしてはとても悲しい物語でしたね。
最初はお互いに犬猿の仲みたいだったのに、惹かれ合って、
でもケンカして半年も会えなかったのにちゃんと再会できて
2人のために浩介が一級建築士を取って結婚して。

別所さんが指輪をドヤ顔で自慢するシーンが印象的でした。
ちょうど目の前でしたし。

薫が若年性アルツハイマーで記憶を次々と無くしていくのが悲しい・・・
壁のメモが少しづつ落ちていく演出がなんとも言えない・・・

夫の名前すらも忘れてしまって、それどころか別の男の名前で呼ばれて・・・
なんか心を抉られるような辛さでしたね。

薫が出て行く時に残した手紙が消失みたいな感じでした。
「これをあなたが読んでいる頃、私は私ではないだろう」的な

熱海でまた会えて、でも顔も名前も覚えてないのに浩介の顔(的な)絵を書き続けてるって素敵ですね


なんか話はちゃんと覚えてるのに文章に纏めれないいつものパターン・・・
でもほとんど泣きっぱなしでした。
間違いなく隣の彼女より泣いてました。はい。

泣き所としては
・浩介「この二人を結ぶ紐が運命の赤い糸のように・・・」
 薫「この紐じゃぁーまーー」
・(熱海での)
 薫「はじめまして」

心の中の何かが壊れるような絶望感で涙が止まらなかった・・・


泣きまくったけども素敵な物語でした(オレンジパウダー
大切な人を想う気持ちとかいろいろ得るものがありました。
また機会があったら行きたいですね まる

Category: イベント系

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。